リアボックス・スマホホルダー装着

まずはリアボックスから。

今回購入したのは、

K-MAXというメーカーの30Lのリアボックス

デイトナのスマホホルダーです。

 

では早速取り付けの様子をどうぞ。

リアボックスを取り付ける場合には、YBR125はまずリアキャリアーの土台を外してしまったほうが楽です。

 

 

まずはサイドのカウル左右を取りはずして、赤丸の六角ナット2本を外すとシートの取り外しが出来ます。

このナットは10mmです。

 

外せたら、こちらも赤丸の部分の4つのナットを外します。

こちらは14mmです。たしか・・・。

 

 

そうするとこんな感じに分離させられます。

 

 

 

 

注意点です。

赤の線の部分にボックスの取り付けのパーツを取り付けましょう。

青の線の部分は細すぎて、引っかかりません。

 

私は青の部分に最初つけようとして、強く回しすぎたせいで緑の部分のようにプラスチック部にネジを陥没させてしまい、抜くのにハンマーで叩いて抜くという力技で抜きました。

 

YBR125にはピッタリのサイズです。

これ以上大きいのつけるとボディの幅以上になってしまうと思います。

 

 

ボックス自体かなりしっかりとした作りです。

 

 

 

 

安い2000円ほどのケースもありますが、閉めるに苦労したりするので大変だそうです。

こちらは少しお高めの6000円ほどですが、長く使えると思うのでおすすめです。

 

スマホホルダーはこんな感じです。

120kmほど走行しましたが、何の問題も無かったです。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.