USB充電器の取り付け

車は元々シガーソケットがあるんでそこにぶっ刺すだけなんですけどね~。

バイクはそうもいきませんよね。

 

ただ、バイクはスマホでナビを使うしかないので充電器だけは絶対必要です。

電装系は苦手!とか言ってないでやるっきゃ無い!

 

とりあえずはカウルをばらしていく

シートとかは外す必要はないと思います。

やりにくかったら外せばいいかと。

 

 

 

そしたらまずはバッ直でつけるか、アクセサリー電源で付けるか?

まずココですよね。

バッ直はバッテリー上がる可能性が高いので、あまりやるべきではないと思います

今回使う充電器も通電のLEDが付いてるため、バッ直にしてたら上がっちまうわな。

 

というわけで、アクセサリー電源から取る。実質一択です。

YBR125はこの黄色いのがアクセサリー電源です。

 

 

 

 

今回はこんな感じに配線を割り込ませました。

エレクロタップを使用すればもっと楽ですが、安定性がないので。

ギボシでいきます。

 

 

ミスってます。

みなさんは真似しないように。

ホントはカバーをしなきゃいけないのですが、考えなしに付けたためカバーを差し込むスペースが無かった。

仕方がないので、ビニテで巻いておきました。

 

何かあればその時になんとかするさ。笑

通電確認も完了

 

 

 

 

配線は他の配線と一緒に束ねてバッテリー部分まで持っていきました。

 

 

 

 

これでツーリングも充電器にせず行けますよ~。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.